system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

盲獣ごっこ

<今朝の起床>



コン と枕元にある何かに手が当たって目が覚めました俺。
まだ目は開きません。


(なんだこれ こんなのあったっけ)


左手で握ってみます。
プラスチックの感触、ひんやり温度、くびれ、ベコベコという音。


(うーん 脳内検索ではヒットしねえけどな… だが)
俺「坊主のオモチャでファイナルアンサーッ」




ママレモン。




おーい、お嫁さーん?







<陳述>


嫁「サンタさんがおいていったよ」




あっそう。
スポンサーサイト
【2005/08/31 21:55】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

若さ故の過ち

<スーパーロボット大戦GC>


28話くらいでクワトロが仲間になりますがそのとき一緒に持ってくるモビルスーツ


シャア専用ザクⅡ
シャア専用ズゴック
シャア専用ゲルググ




お前正体隠す気ねえだろ。
【2005/08/26 00:04】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

太陽の都

嫁とサントピアワールドへ行ってきました。
新潟県阿賀野市にある地方色(錆の色)豊かな遊園地です。
嫁とは随分長いこと腐れ縁があるんですが、実は遊園地に行くのは初めてでした。気づいてびっくりです。僕自身も小学校以来ここには来てなかったので、大変懐かしい感じがします。
さあてどんなスペクタクルが待ち受けているのやら。(なげやり)


「怪奇モンスターの館」…お化け屋敷です。ご多分に漏れず、こそばゆい感じがします。機械のスイッチが入る音にビビります。
「3Dシアター スターフォース」…飛びだすメガネをつけて見るヤツです。映像的にはカラオケでアニソンを入れると出てくるヘッポコCGといい勝負。むしろ盛り上がったのはキャッチコピーの「このたたかいはマジでヤバイ」のほう。俺大ハシャギ。


いい感じに力が抜けてきました。こうでなくっちゃ。とはいえ外はとても暑かったので、どこかに涼しい場所に行きたいなと思った矢先に「氷の館アラスカ」を発見。


「体感温度マイナス40度のアラスカの世界を再現。シロクマ、ペンギン、キタキツネなどがどういう環境に生息しているかが身をもって実感できる 夏の暑いときにオススメ!」


だそうです。なんか今までのアトラクションを考えるとすぐそこの売店にでも入った方がいいんじゃないかと思いましたが、逡巡の末入ることに。




超さみい。
ガチです。いきなり殺しに来やがりました。このたたかいはマジでヤバイですよ。
俺「うわあ氷だと思ったら人形だったーッ」
嫁「死んでる! オコジョ絶対死んでる!」
館内には霜まみれになった人形があるのみ。特別展示でペンギンの「ペら雪姫」っていうよくわかんない展示がありました。ストーリーとかもあったみたいですがそんなのどうでもいいです。あとは業務用の超強力クーラーがぐわんぐわん唸ってんの。で、そこから「北極の風」って書いた紙がぶら下がってるというありさま。結構本気で命に関わると思ったのですぐ出ました。外に出たらシャツが凍っていたことに気付きました。危ないって。




<突如思い出話>
小学校2,3年生の時、おばと僕とばあちゃんでサントピアに来たんですよ。当時は「安田アイランド」(よく考えたら山間にあるのにアイランドはおかしい)でしたけど。ツインドラゴンていうヤツに乗ろうとした僕は冗談でばあちゃんにも声をかけたんですよ。そしたらなんと「じゃあ乗ってみるかい」という返事。きっと制限年齢65さいギリギリだったから記念にとでも思ったんでしょうね。ばあちゃんは僕の後ろに座って出発。
動き出しました。最初の二揺れくらいは何ともなかったんですけどだんだん高くなるにつれてさあ大変。


「ひ や あ あ あ あああああ」
「う ひ や あ あ あああああ」
「なんまいだ な ん ま い だ」


念仏唱えだしたよ。


ツインドラゴンから降りたばあちゃんはしばらく口をきいてくれなかったという。長生きしてください。




回想終了。


帰りがてらに待合い場所にあるモアイ像を見ました。なんか縁結びっぽい効能があるモアイ像らしいんですが、本家を上回る性能ですね。ところで説明書きを見ると「モアイ」に漢字がふってあります。へえどれどれ。


「猛愛」


ちょっとやりすぎです。




帰りに新潟の< 嫁検閲 >に行こうとしたんですが下調べが杜撰だった為にあきらめて帰ってきました。
おしまい。


なんだこの終わり方。
【2005/08/25 22:51】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ルードネス

無礼ボーイ

あと

慇懃プレイ

ヒロポン

<我が家の俗語>


「シャブだーッ 坊主のシャブが切れたーッ」
「もう限界だ! シャブ持ってこい!」




※シャブ…おしゃぶりのこと
【2005/08/15 09:05】 子育て | トラックバック(0) | コメント(2) |

悪魔の四角窓

仕事中YKKの看板を見たら、看板のYの部分が壊れていて穴埋め問題になってました。


問題:次の□には何が入りますか
   「□KK」


さあ皆さん声をそろえて


K!






<備忘録>
K![ka:]K!K!K! 私たちは鴉でした。
大気のうちに未曾有の嵐の接近を感じとり、不安におののいてめくら滅法急上昇と急降下を繰り返す、今にも力の尽きかけたコクマルガラスだったのです。
-阿部日奈子「K」-
【2005/08/12 22:39】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

裸夫の中の裸夫

全裸になって風呂を磨いてみました。やってみたかったから。


ちんちんがゆれておもしろかったです。


調子に乗って全裸でブログ更新する俺。


オチとか特にない。






<備忘録>
半裸は、全裸よりも裸である。
-ジョルジュ・バタイユ『エロティシズム』-
【2005/08/11 21:47】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

スタープラチナ

オラオラ詐欺







詐欺って言うか威力恐喝じゃん。

柔らかいっスねえ!

うちの坊主は3月生まれです。
4ヶ月検診(そういうのがあるんです)も終え、元気いっぱい。
どのくらい元気かって言うと脂肪豊かな俺の腕に爪を突き刺して出血させるくらい。


「これはもう爪を超えた…牙だ これからは牙(タスク)と呼ぶ!」


と嫁に言いたいがためにスティールボールランの5巻を買ってきました。




しかしこの子絶対自分の名前「坊主」だと思ってる。
【2005/08/09 21:11】 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |

与作mk-Ⅱ

「与作mk-Ⅱ」


与作は木を切る
mk-Ⅱは何を切る?
ゴッ 13巡目 ドラ五索(しかも生牌)
対面「ロン」


トイトイホー(トイトイホー)
トイトイホー(ドラ3 一二〇〇〇点)


mk-Ⅱ「だって三面張テンパっちゃったんだもん」
でも点数計算のできないmk-Ⅱが言っても
みんなの不快指数が上がるだけ。


ヘイヘイホー(ヘイヘイホー)
ヘイヘイホー(ヘイヘイホー)




与作は木を切る
mk-Ⅱは手を切る
mk-Ⅱ「今日こそ会社を辞めてやる」
会社は中央沿線の小さな広告代理店
右手にはミートパイ
課長にぶつけてとんずらだ
ガチャ
課長「あ、mk-Ⅱくん 君はリストラだ。」
足を切られました。
mk-Ⅱ「あんなのはただの飾りですよ」
はっきり言って気に入らない


ヘイヘイホー(ヘイヘイホー)
ヘイヘイホー(ヘイヘイホー)




与作は木を切る
mk-Ⅱは野山に混じりて竹を切りつつ
己の境遇に切れにけり
mk-Ⅱ「あー 竹からかぐや姫でてこねえかなあ。そんで平安貴族どものプロポーズを全部断って俺と結婚すんの。逆玉、逆玉。」
だからmk-Ⅱは永遠に竹を切る


ヘイヘイホー(ヘイヘイホー)
ヘイヘイホー(ヘイヘイホー)


永遠に
【2005/08/07 14:00】 ポエム | トラックバック(0) | コメント(0) |

まだだめ

ほくろが最近たくさんできるんです。
一日一個くらいできてますよ、マジで。
足の裏とかって普通ほくろできるんですか?
やがて体中がほくろになって死ぬんじゃないだろうか。
【2005/08/06 00:30】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

幻想受肉の理 あるいは 小説

<白昼夢オーヴァードライヴ>



駄目だ日差しと熱にやられめまいと吐き気がします。心身共に弱まった俺は遠くを見ようとします。逃避の一形態としての未来とか過去とか。寿命と将来への展望が正反比例のグラフを描き、今ここで直角に交わりながら俺に四択問題を出しやがりました。「①フィリピン産バナナ ②石油7ガロン ③三角形の内角の和は180° ④真夜中の信号機 さあどれ。」問題はこれから考えるそうです。ワオ新機軸。と隙を見せた俺のハートにノスタルギアが本土上陸。我が心の国民は虜囚の辱めを受けず武運拙く刃折れる事になろうとも最後の一兵まで玉砕覚悟の上戦う所存也なんてない也とはいえ俺の心の床下柱はノスタルジーという名前の白蟻にガリガリ。これはいけませんよ。リフォーム屋に連絡して何とかしてもらおうと思ったらそれは悪質リフォーム屋。貯めた貯金を騙し取られることに。一回休み。血涙を流しながら喰らわしてやらねばならん然るべき報いをと思い弁護士を通じ法曹界に訴えようとするまでは良かったが実はそれは弁護士というか認知症の俺を狙った悪質リフォーム屋でした。一回休み。流した血尿を使い恨み成分100%(濃縮果汁還元)の遺書を書き残し頸を吊る俺。でも煉獄には恨みの門もなかったし釈由美子もいなかった。フィクションだったんだね。どうしよう。その頃下界では葬儀屋が俺の身体を片づけていた。それも実は悪質リフォーム屋の息のかかった業者。後日Yahooニュースでリフォーム被害の事件として取り上げられるが13時間後くらいに杉田かおるの離婚のニュースとか若貴問題に上書きされる。そんな人生。





アレから逃げようとする俺はひたすら西へ西へとアウトバーンをかっ飛ばしていた。何で西かというと太陽が沈む方向だから。ウヒャヒャここ笑うトコロなんだけどね。北陸の海岸沿いに差し掛かったとき草むらから突然レッサーパンダが!立ってます!こっちへ向かってきます!包丁持ってます!レッサーパンダ男でした。とはいえ僕は時速100万㎞で走っているのでさしもの男も僕には適いません。ドン グシャ 轢いちゃいました。車体の下からレッサーパンダの断末魔が。「バーカ。あとアスランいつ死ぬの?あとバーカ。」グギャアー ジャジャジャ ジャジャ ザアー 北陸のアウトバーンに真っ赤な一筆書き。記録は5万㎞と23㎝。嗚呼ギネスブックに申請したい。記録の更新のためには俺自身の速度と轢者の血液の量に密接な関係があることに気付きました。漠然と体重が重い方が血液の量も多いだろうと考え、とりあえず小錦を轢きに行くことに決定。次のジャンクションで「オアフ島」と「デビルマン」とに別れていたんですが関係ありませんでした。なんでかっていうと次のジャンクションに行くまでに俺老衰で死んだから。逃げ切った。





ふとしたヒントから時間と空間全てを真っ赤に塗りたくることを思いついた俺は手近なところから実行に移します。茶碗とか。扇風機とか。ドリキャスとか。たばこ屋の角とか。今日吸ったフロンティア1㎎の2本目の記憶とか。マリオ・プラーツの『肉体と死と悪魔』の「ビザンティウム」の章とか。中断された会話のイヤな間とか。こんにゃくの刺身とか。ハインリヒ・フュスリの画集とか。スーファミのAボタンとか。俺の地道な運動が実を結び、今や全ては赤になりました。「すいません赤チャンホンポはどこですか」「それなら赤信号を過ぎた先の赤公園を赤して赤ほど赤したところに赤ますよ。」もう赤来も過赤も存在しま赤ん。ようやっ赤心中赤ノス赤ルジー赤赤赤もう何も悩赤こと赤も無赤赤。遍く存す赤赤は赤赤赤赤の中へ赤収斂を赤します。赤。一元赤赤赤赤。赤赤赤赤赤、赤赤赤…赤赤赤赤赤:赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤蟻赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤赤…あれ、蟻です。世界(というか赤)の中に白蟻が一匹。ここには俺(というか赤)しかいないと思っていたのに、ちょっとムカッと来ました。「ヘイヘイ!そこの真社会性動物!社会の歯車になって個性を奪われながら生きる気分はどんなだい!蜜の味?」「『個性』とか『自我』とかって、もう流行らない考え方ですよね。」蟻に近代哲学の終焉を説かれました。恐るべきは真社会性動物です。なるほどヤツの言うことはもっともですが、この世で一番頭にくるのは正論だと言うこともまたもっとも然りです。「でやっ」暴力に訴えました。「ぎゃー。あとバーカ。」断末魔と共に蟻は最後の力を振り絞り、「か」と「り」を入れりえました。??もうその文字についてりんり゛えることり゛できなくなりました。偉いことです。一大事です。世りいは蟻へとりわっていきます。蟻。蟻蟻。蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻蟻。俺も蟻。蟻。俺蟻。蟻蟻蟻蟻。アリーヴェデルチ(さよならだ)。





駄目だ
【2005/08/04 23:34】 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 07 | 2005/08 | 09
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。