system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ソドム121日

下の話の続き。


「ソドムの市」を見た日、続けて「ピンク・フラミンゴ」という映画を見ました。これもY岸さんがどっかから仕入れてきたビデオでした。
ジョン・ウォーターズという監督がが撮った映画で、アメリカおげれつNO.1を決めるという内容。ちなみに史上最も下品という頼もしい称号を持つ映画です。モザイク越しの「肛門ダンス」や鶏を八つ裂きにしながら行う「チキン・セックス」、手のひらに出した精液を注射器で吸引し女性器に注入したり(ノーカットだからたぶん本当にやってるんでしょう)ストーリーとか超どうでもいい感じでおげれつシーンがえんえんと続きます。


苦笑としかめ面の1時間半ですが、この映画の伝説シーンであり真に見るべきは最後の1分です。街角で散歩中の犬がうんこをするんですが、ノーカット同フレームで主演女優のディヴァイン(男ですけど)がそのうんこを食べます。にこにこと笑いながら。


これだけの変態映画なのですからディヴァインもスカトロのひとなのかなぁと思っていましたが、元マネージャーの書いた伝記『聖ディヴァイン』を読むと「カットが出た瞬間吐いた」という記述が見られます。感動したね俺は。涙すら出たよ。僕の基準だと『聖ディヴァイン』は涙なしには読めないんですが、みなさまに胸を張ってオススメできないのが残念です。そんな中で僕にオススメ&本を貸していただいたmonado氏の母上様に深謝します。ありがとうございました。
興味のある方は是非!見たり読んだりして僕と語らいましょう。






しかしやっぱり今日はそういうことが言いたいのではなくね。






<「ソドム」鑑賞終了後>


俺「あー…」
Y「いやー…」


-日本語字幕 林完治-






<「ピンク・フラミンゴ」鑑賞終了後>


俺「あー…」
Y「いやー…」


-日本語字幕 林完治-






俺「おい! 両方とも林完治じゃねえか!」




2本立ての奇跡か。映画の翻訳としては有名な林完治ですが、僕とY岸さんの中では食糞翻訳家として確固たるの地位を確立しています。


それだけ。
スポンサーサイト
【2007/11/14 04:52】 映像 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本当は苦いらしいね

ピエル・パオロ・パゾリーニという監督が撮った「ソドムの市」という映画があります。原作は僕の敬愛する聖侯爵(ディヴィアン・マルキ)ことフランソワ・サドの『ソドム120日』をはじめとする一連の小説です。


第二次大戦の終わりにイタリアの権力者達が美少年や美少女たちを拉致監禁し淫蕩と拷問にとにかくひたすら更け続ける映画で、キャスティングの時点からパゾリーニが本質的にサドの役者&マゾの役者を自ら選んだという凝りっぷり。そのディストピアぶりは同様の事件が何となく起きてしまう今だからこそ腹に力を入れて見るべきなのではないかと思いますが、別に今ここで難いことを言いたい訳ではまるでなくてね。




こっから本題です。
全体は4部構成になっており、第3部「糞尿地獄」ではうんこを無理矢理食べさせられるシーンが出てきます。ていうかそんなシーンしかありません。美少女が半泣きになりながらうんこをスプーンで口に運ぶ演技には思わず引き込まれました。大学の最後らへんにY岸さんが持ってきたビデオで見たんですが、我々全員口の中に変な味の唾が湧くこと湧くこと。
何がスゴイってうんこの質感。これは声を大にして言いたい。本物そっくりなんですよ。Y岸さん情報によるとチョコレートとオレンジソースで作ってあるそうで、原材料的には間違いなくおいしいはずなんですが、いやあ…何というか…やっぱり見た目って超重要なんだなと思う次第です。






で 何かというと、
僕はSOYJOYのカカオオレンジをうんこバーと呼んでいます。


それだけ。








<備忘録>
三月一日以前に虐殺された者・・・10人
三月一日以降に虐殺された者・・・20人
生きながらえて帰還した者・・・16人
合計・・・・・・46人
-フランソワ・サド『ソドム120日』-

お金返してーや(スペイン語)

<我が家で最近流行っている>


サークルKでご飯を買った時の話。
レジまでおにぎり持っていったのはいいんですけど財布を車の中に忘れたことに気付きました。急いで駐車場に取りに戻ります。


不自然なタイミングで出てきた僕に後部座席の嫁が怪訝な顔を向けます。口パクで意志を伝えようとする僕。






俺「サ」   「イ」   「フ」






車のドアを開けます。






嫁「え なに? 『ガトツ』?






なんたるエロスタイム。






参照:「各国のフタエノキワミ アッー」を検証してみる


【2007/11/08 01:24】 映像 | トラックバック(0) | コメント(0) |

福音

あー せつない。
会社がいますごくせつないことになっている。


まあせつないってセツナ=F=セイエイの略なんですけどね。
だから僕は特に別にこれといって大丈夫なんだと思います。
いやでもちょっとはね、とか思ってたところの今日のニュース。




<キュウリ1本盗んだ76歳女御用 長崎>


家庭菜園からキュウリ1本(150円相当)を盗んだとして、長崎県警諫早署が諫早市内の女(76)を窃盗容疑で取り調べていたことが分かった。女は近くに住む同じ女性宅の菜園から今夏、ニガウリやナスビなども盗んでいたことを自供し、同署は女の自宅からキュウリを押収した。被害総額の約1000円を女性に弁償したため、同署は立件を見送ったが、「買うよりも新鮮でおいしかった」と供述しているという。


調べによると、女は諫早市中心部の住宅街で10月23日正午過ぎ、女性(58)宅からキュウリ1本をもぎ採り、盗んだ疑い。押収したキュウリを調べたところ、女性宅で育てられたものと一致したという。


女性は自宅の庭でEM菌(有用微生物群)を使用した家庭菜園を楽しんでおり、「大事に育てていたキュウリを盗まれた」と同署に被害届を提出。被害額は言い値だったが、女性が「キュウリは我が子同然に育てていた」という心情に配慮し、同署は本格的な捜査を開始した。






・1本150円て高いな!
・被害額は言い値が気になる
・そんな彼女は1本150円をどう思うのか
・諫早署はきっといい人がたくさん居ると思うんだ
・ていうか早くキュウリ食えよ!


と、あまたの突っ込みがすごい速度で思い浮かびますが、ベストは


「同署は女の自宅からキュウリを押収した」


のフレーズです。最高!!
俺超元気になったよ。






<備忘録>
You know, some guys just can't hold their arsenic.
ねえあなた知ってる? 男ってほんの少しの砒素でも死んじゃうのよ!
―ロブ・マーシャル「シカゴ」―
【2007/11/06 22:42】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 10 | 2007/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。