FC2ブログ
system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

胎児の夢

おとといの徹夜がひびいたのか午前中強烈に眠かったので仮眠を取ることにしました。
こういうとき営業職は助かります。




そこで見た夢なんですがひさしぶりのアクション巨編。群がる悪党をちぎっては投げちぎっては投げする僕。ラスボスは長年のライバルという設定だったのですが、クライマックスでそいつに向かって叫んだ僕のセリフ




「今のお前は特急券を買ったまま普通列車に乗るような生き方なんだよ!」




にはきっと何か良きものが隠れていると思うのでここに記しておきます。






ところで起きたら3時間たっていた。
会社には内緒にしておいてください。








<備忘録>
「そのあなたが、こんな不幸な目に遭おうとは、思いもよりませんでした…」
謎のような言葉だ。サドは自分の夢を描写しつつ苦い微笑を浮かべていたに違いない!…-しかし、もしこの精神界と物質界との媒介者である先祖の女が、その目を時代の流れの先の先へ向けていたとしたら?
たぶん、ドナティアン=アルフォンス=フランソワの霊は、もはや現在では、それほど不幸ではあるまい…
-ジルベール・レリー『サド侯爵 -その生涯と作品の研究』-
スポンサーサイト



【2008/02/08 23:51】 | トラックバック(0) | コメント(2) |

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 01 | 2008/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH