system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

メタボだじゃれ

腹の上のポニョ
スポンサーサイト

伝説ペン あきぼつ 最終話

<前回までのあらすじ>


紫のペン「あきぼつ」はオレンジのペン「マルコ」とたたかいごっこのさなかに転んでしまい、両者ともに死亡。


くわしくはこちら。






坊主「あきぼつがね 今日おはなしをしていたんだよ」
俺「えっ あきぼつ 死んだんじゃないの」
坊主「もとにもどったんだよ」






ま ハッピーエンドということで…
【2008/09/27 09:38】 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) |

秋のゲームまつり

更新が滞りがちな今日この頃ですが、現在ゲームのビッグウェーブが来ておりまして毎日毎日ゲーム三昧です。今日は会社の土曜出勤でヒマなのでひとつダラッと最近やってる&やってたゲームについて。




・バテンカイトス(GC)


久しぶりのRPG。60時間くらいでクリアしました。半年くらいやっていたような気がする。カードゲームっぽい要素を組み込んだ戦闘がウリです。確かに類を見ないシステムで非常に斬新なんですがタルさを感じてしまうことがままありました。それもそのはずこのゲーム何と全体攻撃がありません。ザコ敵が複数出てきてもお互いに単体で殴りあうしかないので戦闘時間が長いです。また初手に防具カードしか来ないとまったく身動きが取れなくターンエンドを迎えてしまうのでストレスがたまってしまうこともしばしば。まあお前のデッキ力がなってないと言われればそれまでですが・・・
とか気になることから入っちゃいましたが、個人的にはRPGに新たな希望を感じさせてくれた一品です。昔僕のうちではファミコンは1日30分しかできないルールがあったのでどうしてもRPGには手が出づらい状況でした。そうこうしているうちにちょっと生意気盛りになってくるとファンタジーっぽいストーリーは子どもがやるもんだ、なんて意識が芽生えてきて更に距離を置くようになってきたわけでして、いつのまにやら僕はRPGのストーリーにははっきり言って何の頓着も無く、戦闘だけ面白ければそれでいいや、という考えになっていました。で、件のバテンなんですが・・・これはいい。派手さは無いですが説得力のある設定と展開です。かといってひたすら大人しいストーリー運びというわけではありません。あんまり言うとネタバレになるので控えますが、僕RPGで叙述トリック食らうとは思っていなかったよ。「RPGは戦闘」という僕と同じ考えの人にはぜひやってもらいたい一品です。
でもあんまり誉めすぎるのも何なので「クジラなんじゃそりゃあ」と思ったと書いとく。


しかしこのゲーム、キャラクタで損してると思うんだよなあ。俺はすごく好きなんだけど、悲しいかな硬派過ぎる。






・バテンカイトス2(GC)
荒天様から貸していただいた続編。まだクリアしてません。多分進捗6割くらいでの感想ですけど、これは名作ですよ。1のシステムで気になったところが全部改善されています。これはすごい。タルかった戦闘もびっくりするくらいスピーディーに・・・というか速すぎるくらいで、ゲームなれしていない人にはちょっとお勧めしづらい難易度です。バランスの悪いデッキだとザコ戦ですら即全滅。30時間くらいやっていますが、いまだに焦って操作ミスとかするのでまだまだ楽しめそうです。主人公チームは何と3人しか居ませんが、待望の萌えキャラも登場しゲーム的には死角を感じません。というかね!登場キャラクタに魅力的な人たちがたくさんで大変うれしい。ギロっていうキャラクタが居るんですが、このひと秀逸すぎる。グネグネした動きを見ているだけで楽しい気分になります。喰っちまうぞ!また主人公チームを付け狙うジャコモさんも見逃せません。鎌使いの13歳ですが、負けるたびに何故か主人公に「俺にもっと力があれば・・・」的な中二邪気眼丸出しの手紙を送ってきます。何通も送られてくるのでその度に爆笑ですよ。手紙って!奥ゆかしいのかそうでないのか。
とまあ僕の中で今のところ2008年ベストゲームのバテン2ですが、このゲーム3万本くらいしか売れてないそうな。こんな面白いゲームが・・・もったいないお化けが出るよ。
あととりあえずミリィアルデのエロ同人とかマッハで検索してみたけど見つからなかったと記しておきます。




<うわさのジャコモ初登場シーン>
真ん中がギロです。カッコいい空耳ソングと一緒にお楽しみください。







・Wii


買いました。本体同時購入ソフトはもちろんロックマン2です!久しぶりにやったらワイリーステージ1で8機死にました。本当はうわさのロックマン9のために買おうとしたのですが、いつまでたっても公式ページでアナウンスがされないのに業を煮やしての怒りのダウンロード。反省はしていない。つうかファミコン500円でダウンロードできるんですね!メガドライブのダウンロードも充実しているし、素晴らしすぎる。いい時代になったもんだ。




・スマッシュブラザーズX(Wii)


某同好会で狂ったようにやったゲーム続編。個人的に前作の唯一の弱点は「4人そろわないと寂しい」だったのでWifi対戦できれば最強なんじゃねえの?と思い購入。使用キャラはアイクにしました。当たれば飛ぶんだけどね的大味なキャラ性能だけに逆に立ち回りは繊細さを要求されます。ケンカキックキャンセルむずいな!GCコントローラーはたくさんあるが操作はあえてヌンチャクで頑張っているという。件のWifiですが混んでいるとちょっとがっかりするようなプレイ感になってしまいますがまあやむなしか。全体的には良好です。でも試合時間が2分しかないので逆転が難しいですね。スマッシュボール取ったヤツが勝つみたいな場合も多々あります。復帰ミスも目立ちますしまだまだ精進しなくてはならんようです。


あと長いアドベンチャーモードはあんまり面白くなかった。




・メトロイドプライム3(Wii)


中古で安かったので我慢できずに購入。前2作も堪能させていただいたので(そして両方とも未クリア)今作もきっと面白いんだろうなあと思っていましたがこれは期待以上。ヌンチャクコントローラーを使うと「ごっこ遊び」に拍車が掛かります。グラップリングビームで敵をつかむのが最高すぎる。
ところで今作なんですがボス敵を相手にした場合、カチッとロックオンしない仕様になりました。方向を振り向くだけであとは自分でエイミングしなくてはなりません。これにより相対的にチャージショットの価値が落ちました。制限時間内に規定ダメージを与えないと回避不可攻撃が結構あるのでチャージショットをはずすとリスクが大きいのです。ミサイル効かないボス多いし。なので今作は必然的にノーマルショットを多用する必要があります。つまりAボタン連打が原始的且つ効果的な攻撃法です。おかげで右手が痛い痛い。たぶん開発陣もそのあたりわかっているようで、ゲーム中「今まで撃ったショットの回数」を見ることができます。ちなみに今現在僕のデータが進捗度25%くらいなんですが、総ショット数が15000発オーバー。するってえと、単純計算でクリアするまでAボタンを6万回以上押すの?何か疲れてきたな。




・ストリートファイター4(AC)


説明不要の格闘ゲーム最新作。3rdから9年か…感慨深すぎるというか、俺も歳を取ったなという感じです。新作が出なかったのはどうやらカプコンが経営難のため「ストリートファイター」シリーズの版権を手放していたからだとかそうでないとか。3rdの時も商標権でモメてましたし(※1)どうしてカプコンってゲームの内容以外こんなにジタバタするんでしょう。開発陣の発言権が強すぎるんだろうなきっと。半ば本気でそのうち任天堂に吸収されると思う。
まあお家の問題はさておき、開発は版権を獲得したカプコンアメリカだそうで。確か「ストリートファイター ザ ムービー」(※2)と「バイオハザード GAIDEN」(※3)を作ったところですよね?嫌な期待が高まりましたがそんな心配は全く無用のゲームでした。中間距離でうろうろして間合いを計るのとか超ストⅡです。いやまったくゲーセンに通うのなんか何年ぶりだろうか。でも対戦カードを作ったとき、カード1枚で1キャラしか使えないのに驚愕した。
使用キャラはエドモンド本田です。対空が極めて貧弱でリュウケンにめくりキック連打されるだけでポコッと負けることもしばしばですが、頭突きを絡めた連続技が異様に減るので我慢してダメージで勝つようなデザインになっております。やわい相手だと飛び込み頭突き3段で4割とか。あとコマンド投げが強いのとかすごくありがたいね。使用感はまさにストⅢのアレックスを1回り強くしたような感じです。まあ、2回り強くしたのがアベル(新キャラ)なんですけど。
自慢じゃありませんが現在は行きつけのゲーセンで最強の本田使いです。だって本田使ってるの俺しかいないし。


※1…SNKの「餓狼伝説」がストⅡの著作侵害に当たると牽制したところ頭に来たSNKが「ストリートファイターⅢ」という商標登録を取ってしまい、長らく続編が作れなかったという。大人のやる子供のケンカですね。


※2…アーケード版。キャプテンサワダで有名な方ではないヤツ。いやサワダもいるけどハラキリしません。声優が映画版に準拠しており、全体的にテイストがモータルコンバット。「ハ ドゥーケン」「ショーユッケン」


※3…ゲームボーイカラー。有名シリーズのタイトルを冠していますが内容は好事家向け。超展開ファンには本当にオススメの一品です。シリーズ登場キャラクタが全く別人のように描かれておりレオンの「あいつら まさかほんとうにうってくるとは」「オレ、およげないんだよな!」「火が消えた。 消化器さまさまだな。」などの珍妙かつインパクトのあるセリフが僕のハートをわしづかみ。ちなみにファミ通のバイオハザード○周年記念特集の際には無かったことにされていたという。






いやー、ゲームって、本当に楽しいですね。じゃあこれからメトロイドしてきます。
…おっ ロックマン9、24日発売かあ。また忙しくなるなあ。
【2008/09/20 17:11】 ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |

アナルの流れで今なら言える

男性が射精をしないでオーガズムに達することを「ドライ」と言います。やり方としては前立腺マッサージ。具体的な方法については「エネマグラ」とか「ドライオーガズム」で検索していただければよいかと思います。wikiの解説では明らかな経験者が非常に克明な描写でhow to ドライを解説をしてくれますので僕はとってもケツの穴にツララ突っ込まれた気分じゃあになりました。もう本当に自分の胆力の無さにガッカリです。久しぶりに文章を読んで気分が悪くなった。




で、まあ何かといいますと夜中に大島のあたりを運転していると夜の闇に浮かぶ「渡辺ドライ」の看板が目に入り、渡辺について思いを馳せてしまうということです。
おわり。
【2008/09/20 14:24】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(2) |

秋のアナルまつり

先日うんこをしたら尻から血が止まらなくなったのでやむを得ず人生初の肛門外科へ行ってきました。レポートも兼ねて今日はアナルと僕と時々うんこ的な内容で行きたいと思いますので一応追記形式にしました。準備のできた方からごらんください。
続きを読む
【2008/09/11 01:47】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(2) |

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 08 | 2008/09 | 10
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。