system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

私が愛した『レイザー』

<備忘録>
誰にも言えないけれど 大好きなものがあるよね
ダイアモンドや お金じゃない
君の胸に輝く宝さ


-元気爆発ガンバルガー OP







『レイザー』という漫画をご存じでしょうか。
原作:小池一夫、漫画:伊賀和洋のコンビが時代劇雑誌『刃』に連載をしていた娯楽作品です。


というかそもそも『刃』という雑誌をご存じでしょうか。
白状しますけど毎月読んでいた僕からして雑誌名を間違えていました。(『小池一夫マガジン』だとずっと思ってた)いわんや他の者をや。
全誌の半分くらいの漫画が「原作:小池一夫」となっており、小池一夫フリークにはまさに垂涎。飯3杯はいけるという雑誌。僕は小池先生に関しては全くのド素人なので他の連載作品について細かく言えないんですけどこの雑誌、異常に打率が高い。時代劇というジャンルが安定しているのもあるんでしょうけど読み捨てる漫画が無かったので立ち読みがとても楽しみな雑誌でした。もりもと崇を知ったのもこの雑誌でしたね。死んだふりをする剣士がスカトロ侍を不意打ちするという書いてて頭痛のするような読み切りでしたけどあれはスゲー漫画だった。




閑話休題。
今は雑誌は休刊しています。立ち読みではなく購入しておくべきだったと後悔しきりですが仕方ない。いつにもまして前振りが長いんですが、僕はこの『レイザー』を数々の漫画の中でもとりわけ愛しています。時間があるうちにどうしてもこの漫画の名言、名シーン集だけは作っておきたいと思っていました。
・・・というわけで本日は『レイザー』について一席打つエントリになります。少年誌の漫画ではない&壮絶にあらすじ、ネタバレがあるのでので一応続きを読む形式にしました。気になる方はスルーを。しかしまあ、ネタバレしたところでこの漫画の素晴らしさが失われるとも思ってないですけど。




<ところで参考>


『刃』ブログのレイザー紹介エントリ(現在はすでに更新停止)

編集部の確信犯ぶりがやばい

続きを読む
スポンサーサイト
【2011/07/03 10:05】 本とか | トラックバック(0) | コメント(5) |

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 06 | 2011/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。