system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今年のまとめスレ

2005年は5の倍数だからレベル5デスに気を付けないと皆殺しの挙げ句にツインランサーを盗られかねないと去年の今頃思っていたのも束の間、あっという間に1年経ってしまいました。早いものですね。なんだか学生の時より楽しいことを覚えていることが出来なくなったなあと思って始めたのがこのblogですので、忘れないうちに今年のアレコレを書きとめておきたいと思います。




<食べ物>
外食の多い一年でした。特にお礼をしたいのは俺の営業区内、長岡市鉄工町のラーメン屋「中華めんきち」。おすすめはミソラーメン以外。これだけはダメです。
弟が東京から帰ってきたら殺し屋麺吉offをここで絶対やってやろうと考えています。天誅ラーメン一丁ーッ。


<駄洒落>
blogに載せてた中では「軟禁大虐殺」がいちばんうまくできたと思います。
あと今「行くと死 来ると死」って言うのを思いつきました。


<夢>
悲しいことに今年は目が醒めたときに覚えている夢が激減しました。先日なくしていた学生時の夢日記を見つけ、自分があんまりおもしろい夢をたくさん見ていたのに愕然としました。もとよりこのカテゴリはなくした夢日記の代わりだったので、今後どうなるかはよくわかりませんというかあんまり考えません。学校の夢と色つきの夢が多かったように思います。なんかなげやり。


<ポエム>
叙情詩でもなく、叙事詩でもなく、ネタと照れ隠しの狭間を行ったり来たりするのが「ポエム」です。個人的には書き散らすことで随分心が楽になりました。今年の大賞は西脇順三郎の「橋上」


「橋上」
一の橋にさしかかると
イウー!
ヨーキヒのヒフにもまがう
スン・シャンがやってきた
「めぐりあい」よ君の名は
人生最大の驚嘆のよろこびだ
でも灰皿の話をして別れた


<子育て>
3月の17日に坊主が誕生しました。僕の短い人生の中でもやはりこれは大きな出来事ですよ。涙止まらなかったねー。想像力を持って生きて欲しいという願いを込めて、ここにいない人や場所を思う「偲(しのぶ)」と名付けました。あとジョジョの第4部のラスボス、吉良吉影の奥さんは川尻しのぶっていうんですが、それからも取りました。好きだから。


<ゲーム>
1電源系
下半期はスーパーロボット大戦GC→同OG2→同Jとバンプレストに踊らされっぱなしでしたが、大賞は「東方紅魔郷」です。同人ゲームということで最初は猜疑心バリバリでしたが、作り手に魂を感じました。こういうゲームらしいゲームに出会えて幸せだったと思います。


2非電源系
僕自身はちょっと重めのマネジメント系ゲーム(プエルトリコとかサンクトペテルスブルグ)が大好きなんですが、今年のヒットは「ごきぶりポーカー」でしょう。このシンプルなメカニクス&中毒性はすさまじいです。発狂しますよ。ぜひ一家に一個。


<本とか>
1マンガ
熊倉裕一『King of Bandit JING』終了が本年の最大ショック。いつになるかわかりませんが復活を強く望みます。新連載で特に良いと思ったのはジャンプの『魔神探偵脳噛ネウロ』、モーニングの『へうげもの』、漫画ゴラクの『喰いしん坊!』の3本。甲乙付けがたいですがグランプリは『ネウロ』かな。


2活字もの
読書量が格段に落ちました。坊主の誕生も大きな要因ですが、パスカルの『パンセ』、Mプラーツの『肉体と死と悪魔』、Gペレックの『人生使用法』に非常に時間を取られました。半年くらい読んでたと思います。それでも最後のはまだ3分の1くらいですし。選ぶんなら想像以上におもしろかった谷崎潤一郎の『鍵・瘋癲老人日記』(新潮文庫)かしら。でもなー、冗長なんだよなー。サドの小説みたい。ならサドを読んだ方がとか思うし。


<映像関連>
1アニメ
ひたすらV~Xまでのガンダムと「攻殻機動隊」を借りて観ていたような気がします。正直(僕には)Vガンダムが別世界の面白さ。改めて自分がガンダムファンでなく富野ファンであることを思い知らされました。全部観ていたら「ブレンパワード」が大賞になったような感じもします。


2映画
なんと言ってもイヤな気分にさせられたのは正月に観た乱歩の「盲獣」。最高にダメだったのは「デビルマン」。面白かったのは「真夜中の弥次さん喜多さん」。難しかったのは「気狂いピエロ」。大賞は俺の鑑賞中の涙新記録を叩きだしたティム・バートン「ビッグ・フィッシュ」。坊主を抱きながら観てたんですけど、涙で坊主の服がビショビショに。挙げ句に涙で目を覚ます始末。


3美術
美術展の図版を眺めることも少なくなりました。足を運んだ美術展は新潟の万代島美術館でやった「ユートピアを探しに」だけでしたが、これは素晴らしかった。今までのベストかもしれません。谷川渥の講演もばっちり聴きましたし、ピラネージの版画がこれでもかと出ていたのも蝶グッド。同者の「ローマ市復元地図」は今年のベスト作品。


<四方山>
坊主が生まれた直後、嫁が病院のベッドで「暇だなー」と言いました。
僕はその時パスカルの『パンセ』を読んでいたので表紙を見せながら


パスカル

俺「あらいぐまパスカル」


と言いました。







嫁は爆笑して縫ったばかりの傷口から出血。お医者様から絶対安静を言い渡された次第。


一方加害者の俺は「漫画かよ!」と思ったという。






そんなこんなの2005年でした。今年もいろんな人に会って、楽しい気分にさせてもらったり、勉強させてもらったりしました。俺が知ってる人すべてにありがとうございますと言わせて下さい。
来年は坊主の世話と仕事と日本美術史について色々頑張りたいなあと思います。それでは、良いお年を。






<備忘録>
あまりにも小さなことで人は傷つくので
あまりにも小さなことが人を慰める
-ブーレーズ・パスカル『パンセ』-
スポンサーサイト
【2005/12/31 23:57】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント

うんうん
↑の年齢層はVGキチ多いしね

好きなMSってって聞かれたら
「ビルケナウ」(滅びの美学)
と答えましょう
【2006/01/04 21:01】 URL | foj(福王寺) #X6AIgIjQ[ 編集]
「椅子を尻で磨くだけの男で終わるものかよ!」

余談ですけど嫁が東京の友達のとこに泊まりに行ったらVガンのDVDボックスがあったそうで、クロノクルへの思いの丈を伝えようとしたところ「いやむしろピピニーデン」的な話題で盛り上がってしまったと言うことです。

俺「ところでクロノクルとピピニーデンはどっちが受けなの」
嫁「うーん どっちもヘタレだからなーッ」
【2006/01/04 23:29】 URL | 俺 #dxh2Uhv6[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。