system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

秋のアナルまつり

先日うんこをしたら尻から血が止まらなくなったのでやむを得ず人生初の肛門外科へ行ってきました。レポートも兼ねて今日はアナルと僕と時々うんこ的な内容で行きたいと思いますので一応追記形式にしました。準備のできた方からごらんください。
Ⅰ 悲劇の誕生
-奇妙な異国の人よ、しかしまたこうも言っていただきたい。この民族がこれほど美しくなるためには、どんなに悩まねばならなかったことか!




学生の時は便秘気味だったんですが、それが関係してかいつの間にか切れ痔になった僕。見て見ぬふりを続けていたんですがある冬の朝、尻が痛くて目が覚めてしまったので諦めて近所の薬局へ白状しに行きました。仙人みたいなじいさんに相談したんですが、そのじいさんも痔で悩んでいるとのこと。朗らかな痔トークのあと勧められたのはアナルに直接突っ込んで注入するタイプの薬。座薬に恐怖心を持つ僕は必死になって嫌がりました。「僕初心者なんで勘弁してください」という言葉が効いたのか、結局チューブタイプのものを持ってきてもらいました。


さて家に帰ってきたんですが、アナルのどの辺に塗るのが効果的なのかよくわからない僕はとりあえず手鏡を用意してまじまじと対象を観察することにしました。が、しかし電灯の位置が悪いのか肝心のアナル周辺は薄闇に包まれたまま黄昏れておりました。ペンライトのようなものがあればちょうど良かったんですが当然そんなものは無く。周りを見渡せど代わりになるようなものは…… あ、 ゲームボーイアドバンス。


ちょうど僕のアドバンスにはオプションでライトがついていたので患部もばっちり。よもやアドバンスもこんなことに使われるとは夢にも思わなかったことであろうよなあ。
しかし自らのアイディアマンぶりに欣喜したのはほんの一瞬。足をおっぴろげてアナルと手鏡とアドバンス。ロートレアモンもかくやのデペイズマンです。


「俺 今 だれかにこの格好見られたら 死ぬしかないな」


割と本気でそう思いました。辞世の句まで考えたよ。




<辞世の句>
「待て 何も言うな 今すぐ死ぬから」






Ⅱ 善悪の彼岸
-人間が自分をそう容易に神だと思わないのは、下腹部にその理由がある。




痔持ちの方にはウォシュレットがこの夏のマストアイテム!という論文が先日の『Nature』誌にも掲載されていたので目を通された方も多いのではないでしょうか。
戯言はさておき家賃2万5千円のアパートにウォシュレットなどあるはずもなく、近所のウォシュレットマップを脳内作成及び補完することは正に僕にとっての生死を分けるクリティカルミッションだったのである。
戯言はさておき近所のCOCOSで飯を食っていた時にうんこを催した僕。しかしここにはウォシュレットがあるので余裕の排便です。予想通り尻から血が出ましたが、ウォシュレットがあれば無問題。けれども普段ならばスイッチを押しノズルが伸びてくる数秒を敬虔と言っても差し支えない心で神妙に待つ僕でしたがなぜかこの日に限っては心がざわめいた。発射の1秒前に操作パネルに目をやります。


「あ… 水勢が強あばばばばばばばば。




直撃です。ブルズアイ。
アナルから脳天まで突き抜ける感覚。あまりのことに痛みという認識が追いつかないほどの状況の中、僕は半ば本能で水勢のダイヤルを回します。









「…光が見えた」



あやまって最強の方向へダイヤルを回してしまった僕は後にそう述懐しました。
激甚指定災害…まさにこの言葉がこの場合に合致します。紛う事なき人災ですが。






Ⅲ この人を見よ
-なぜわたしはこんなに賢明なのか
-なぜわたしはこんなに利発なのか
-なぜわたしはこんなに良い本を書くのか





さて件の「怪奇! 止まらない尻血」事件ですがうんこ後1時間経ってもやっぱり止まりません。血が鮮やかな赤なところを見るとやはり切れたてほやほやの痔のように思いますが、こんな長時間にわたっての出血は古今例を見ません。どうにかして患部を確認したいところですが、中国雑伎団でもなければ自分で自分のアナルを凝視することなど…… あ、 携帯電話。


通常のカメラではアナルの位置がつかみづらいのでここはムービー機能の出番です。勿論画質は最高で。仮に上手に撮れても画質が悪くては意味がありませんからね。
しかし自らのアイディアマンぶりに雀躍したのはほんの一瞬。上手に撮れてしまった自分のアナルを鑑賞した僕の気持ちがお前らにわかるか。30字以内で述べなさい。(回答例:大絶望)


回答例はともかく悩んだ末に上司にありのままを報告し医者へ。日赤病院が満杯だったので開業医さんを紹介してもらいました。さて教えてもらった場所へ行ってみたんですが、そこは内科。アナルって内科なんだろうかと思い確認の電話をしてみたところ全然違う場所だったことが判明。ちょっと、余計な心配させないでくれる!


紆余曲折でたどりつきいよいよ診察。顔では平静を装っていますが内心ドキドキ魔女神判。なんとか心の平穏を保つ好材料を無意識に探す僕。


「次の方どうぞー」


先生が診察室から顔を出しました。良かった。すごく優しそうな感じです。ほんのわずかですが気が楽になりました。初アナル科のスタートの切り方としてはまず成功と言っても良いので


「じゃ いま先生が来られますので お掛けになってお待ちください」


えっと思うのもつかの間のこと、仕切の向こうから男性ホルモンの濃そうな先生が現れました。いや、もうズハッと言うことにします。禿げたマルクスが現れました。ケツの穴がヒュッと閉まる音がした。




診察の模様はダイジェストでお送りします。


「そんなにズボン脱がなくていいですよ」
「はい じゃあ 指を入れる検査しますよ」
「次は 金属が入る検査でーす」
「あー ここが痛いですか」
「ちょっと血が出たねえ」





僕はといえば心を空に! …できる訳もなく診察の間中ずっとサド侯爵とルネ夫人のことを考えていたよ。






Ⅳ ツァラトゥストラかく語りき
-今が時だ! 時でありすぎる!






先生「特に問題はないですね 肛門の外まで傷が出ていたようなので出血が一時的に激しくなったように見えたんでしょう」
俺「あっ そうですか」


ケツに異物感を感じながら僕はそう答えました。


先生「全部で3カ所切れてました。 6時の方向の傷が深くて出血したようです」
俺「6時の… 方向ですか…


6時の方向。心の中で繰り返します。そんなの沈黙の艦隊くらいでしか聞いたことのない言葉です。とはいえ診察は終わりましたしそれにどうやら軽傷のようです。心の軽くなった僕はこの際なので色々疑問に思っていたことを聞いてみました。先生もわかりやすく気さくに答えてくれます。フレンドリーな雰囲気になったところでそろそろお暇を告げようとしたその瞬間。




先生「あなたの括約筋は相当強いですねえ 大括約ですよ」






大  括  約  。









<結論>
専門家の目から見て、俺のケツは締まりが良い。






今ならケツで人が殺せそうな気分だ…やればできる。男は度胸!なんでもためしてみるのさ!









そろそろ終わっとくわ。
スポンサーサイト
【2008/09/11 01:47】 四方山 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント

すいません面白すぎます。
最高です。
俺さんの文章の中では、「俺の塩」や「犬が安い」以来の大ヒットです。
【2008/09/12 01:03】 URL | ゆこ #Xnq8k9Uo[ 編集]
昨日また血が出ました。
薬使わなきゃなあ・・・




ところで業者さんの書き込みを見てなんとなく思い出したんですが、wikiの「女性器」とか「バルトリン腺」とかの項目に出てくる画像ってかなり際どいって言うかはっきり言ってモロ画像が載ってるんですよ。しかし「男性器」には特に写真は無し。これって問題なのでは?


・・・よし、今ブラウザのgoogleツールバーで検索をした人はここで白状しろ。
【2008/09/20 14:44】 URL | 俺 #dxh2Uhv6[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。