system:無軌道備忘録
ふっと浮かんだあの思い出、出来事、誰かのいった良い言葉を、消える前にあまねく記録するのです。無軌道な感じで。力まずに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ダブルドラゴン外伝

冷たい雨も降るようになり、めっきりめきめきと秋らしくなってまいりましたね。いやあ、とっても温暖湿潤気候。
寒くなってくると温かいものが食べたくなるのが人の世の常というものでして、そんなわけで本日は長岡市平島のラーメン屋さん「双龍」にきております。






こちらのラーメンの売りはなんと言っても渋柿のポリフェノールをたっぷりと練り込んだ柿麺。歯を押し返すほどのコシのある太麺(細麺もあります)を鰹だしが利いたスープに絡めて食べるのです。店長さんはこの柿麺との出会いに衝撃を受け、脱サラしてお店を始めたって言うくらいですからその入れ込み方には並々ならぬものがあります。ちなみに僕のお薦めは看板メニューでもあるしょうゆベースの「柿ラーメン(600円)」。サイドメニューの水餃子も一度おためしあれ。あっさりしているのに肉の旨味があるのにも驚きです。




シンプルな味わいですが、この風味と食感はなかなかクセになります。リピーターが多いのが特徴とのことで、皆様この歯ごたえマジックにすっかり魅了されているご様子。


こんな人までが大絶賛していますよ。






誰だよ!!

バベルの喫茶店

<今日の公務員御用達>
今日ご紹介させていただくのは長岡市役所に最寄の飲食店「伽羅舎(ガラシャ)RORO」です。公務員御用達のこちらの喫茶店ですが、しかしてその実態は混沌にしてカオス。そんな深淵をちょっぴりレポートします。




<驚異の接客>
僕の結婚披露宴の打ち合わせをここでしたことがあるんですけど、注文する際にウェイトレスさんの話になったんですよ。今もいるかどうかわかんないけど、露骨に接客態度の悪い人がいるんだよねー、って。そしたらちょうどその人らしきおばちゃんが注文を取りに来たんですよ。




おば「ご注文はどうなさいますかー」




卒の無い対応です。中腰で膝の裏を掻いている他は。





一応僕も客商売の経験はあります。お客を神と思ったことは一度もありませんが、最低限眼の端に移っていても文句はいわれないようにしていたつもりです。でもあのおばちゃんの眼は違っていたよ。カスタマーとの間のそういう不文律をぶっちぎりで超越していました。4つのグラスに水を注ぎ、全部のグラスで水をこぼしそのまま厨房の方へ消えていったおばちゃん。感動すら覚えました。個人的にはワシントン条約で保護してほしいと思います。そして彦龍の憲彦さんとポケモンバトルさせたい。




<…の多い料理店>
伽羅舎ROROは基本的には喫茶店のはずです。入り口にそう書いてあるから。ですのでドリンクとケーキのメニューはなかなか豊富です。そこまではわかる。ところで目の前のメニューからドリンクとケーキを除いたメニューが120種類以上ってちょっとやりすぎ感が漂います。宇宙がどんどん拡がるがごとく今でもメニューは増えつづけているようですので、このまま順調に行ったらやがて世界中の食べ物がここで食べれるようになるに違いありません。
冗談はさておきこの豊富なメニューの秘密に迫りたいと思います。チャーハンの類い、カレーの類い、ラーメンの類い、スパゲティの類い…それぞれのカテゴリで10種類以上のメニューがあります。そして後半になるとそれらの合わせ技がはてしなく登場します。で、そのラスボス。


「カレーギョウザグラタンスパゲティ」


タイラントか!お前! あれか、脳か? 脳がレッドキング?
はっきり言って大好きだ。味とかでなく、その思想が。これは冗談ではない。






と勢いのあまり信仰告白をしたところで先日食べたメニュー。


ギョウザシューマイスパゲティ

「ギョウザシューマイスパゲティ」




何故だ。 何故こうなるんだ。
しょうゆで味付けした和風コンソメスープの海に沈むギョウザとシューマイの姿はさながら水死…ではなく、その、何だ、えーっと、ギョウザとシューマイ。本当にこのメニューレッドキングが考えたんじゃないだろうか。脳がゲシュタルト崩壊しそうになりましたが徳俵いっぱいで持ちこたえました。それにしてもこのスパゲティには野菜がたくさん入っています。付け合わせのサラダも合わせると


タケノコ ホウレンソウ ゴーヤ エリンギ 白菜 エンドウ もやし マッシュルーム 椎茸 ブロッコリー カリフラワー タマネギ シメジ キャベツ レタス コーン キュウリ ピーマン


と、栄養バランスの為の1日20品目を軽々とクリアーしてしまうラインナップ。なんと喜ばしきことでしょう。冷蔵庫の中にあったものを全部使っているような気も無きにしも非ず、なんですが。






<次回予告>
そんな美味し楽しいROROですが、気になりつつもスルーしてしまった食べ物があります。これもやっぱりスパゲティなんですが、その名も「ジェラシースパゲティ」。ジェラシー?嫉妬?何のことやらと思ってメニューの写真をよく見ると、スパゲティの中に餅が入っていやがります。




餅→焼き餅→妬きもち→ジェラシー




ハイハイ超おもしれー







<備忘録>
儵と忽と、混沌の徳に報いんことを謀りて曰く、人みな七竅ありて、以て視聴食息す、此れ独り有ることなし。
嘗試にこれを鑿たんと。日に一竅を鑿てるに、七日にして混沌死せり。
-『荘子』-

諸神混淆

族長の秋食欲の秋ですね。営業区が8月から変わったので、新区域での楽しい(おいしいとは言わない)飯屋を開拓中です。いくつか気に入ったお店があったので、続けてレポートを上げようと思います。


今日は長岡市下条町の「食堂 つくつく」をご紹介します。一見すると喫茶店なんですが、のれんが掛かっているのでどうやら食堂のようです。
しかしドアを開けて店内を見渡すとそこはどう見ても喫茶店。コーヒーメーカーが音を立てて黒い液体を沸かしています。かと思いきや奥には座敷。小さなお子さん連れでもOKのステキなスペースが存在します。決して広いとはいえないこの「つくつく」さんですが、その小宇宙で二つのスタイルが混在する様はまさに飯屋におけるヘレニズム。
ですのでメニューもヘレニズムってます。






カツカレートースト

「カツカレートースト」






トンカツと、カレーソースと、バタートーストのセットです。
おいしくいただいたんですが、食べ方がさっぱりわかりません。どの文化圏の様式に則れば良かったんでしょうか。俺最終的にキャベツとカレーを口中調味したよ。

シーサイド・ブラック

3月に福島経由で水戸に遊びに行ったときのこと。アクアマリンふくしまへ行きそびれたのでいわきミュウミュウこと(Google:0件)総合お土産センターいわき・ラ・ラ・ミュウへ行きました。現場は海辺なので風がとても強かったです。
坊主のおむつ替えも終え、中をだらっと回っていたらジェラート屋さんが目に入りました。小腹がすいていたので、なんか食べていくかということに。




バニラ 抹茶 ゴマ ラムレーズン 紅茶 チョコチップ
クリームチーズ チョコレート ストロベリー ホッキ貝




俺「すいませんホッキ貝ください」




0秒です。
貝って!あの貝なんでしょ?そう思ってガラスケースを除きこめばビタミンDがたっぷり配合されてそうなドぎついピンクの粒々が見えます。
もう俺の中の警報ランプ鳴りっぱなし。こいつは一刻も早く食さねば。はやる心を抑えてダブルの古代米ジェラートをチョイスしむしゃぶりついた次第。











…こいつはやられました。本命は古代米です。
ホッキ貝はただの飾りでした。バニラジェラートに貝柱が入っているに過ぎません。しかし…なんなんだこっちは!黒がかった赤紫色の粒はその小ささからは想像もできない圧倒的な存在感。なんて言ったらいいんでしょう、鼻腔に残るスモークサーモンとかスモークチーズのスモーク部分のあの風味をまだ凶悪にしたような…




嫁「うわ これゲロの味がするね」




バッキャロ――ウ そんなこと言われたらもうこれゲロの味しかしねえよ!自分がゲロジェラートを食っていると考えたら一気に胸が重くなりました。






<まとめ>
20世紀のはじめ、古い概念や価値観は100%駄目なんだと主張して新しい芸術や生活を提唱したフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティというイタリア人がいます。この人の言う「未来主義(フュチャリスモ)」はあまりにも面白すぎて一晩くらい話せるんですけど、その中に「未来派料理宣言」っていうのがあるんですね。旧来の料理法と権威的な料理人を駆逐するためならば敢えて凄まじい調味調合も辞さず、というのがそのおおよその主張です。






認定! 未来派料理!!






<備忘録>
調理場よ、悪臭漂う牢獄、腐肉に満ちた穴倉よ、不潔きわまるルーが仕込まれる怪しげな悪の温床にして、素性の知れぬ悪党どもさえ吐き気を催す臭い食い物をこねくり回す、悪臭芬々たる洞穴よ。
―ジュール・マンカーヴ「未来派料理宣言」―

血はまったく特製のジュースだ

先日お客からのクレーム対応のために朝一番で新津に飛んでいきました。
迷いながら行ったら長岡から下道で2時間弱くらいでした。
クレームの件に関しては幸い事なきを得たんですが、止せば良いのに行きと違う帰り道を通ったら加茂のあたりでガチの迷子になりました。


加茂川周辺の一方通行をぬるりと走っていた僕。もうお昼です。
せっかくの遠出ですし、見知らぬ飯屋にでもふらりと立ち寄ろうとかと思っていたところ、路傍にイイ感じのお店を発見。




俺「『通がうなる店 ラーメンいちめい』ねえ・・・小汚くていい感うおッ




アラブ人が入り口で釘打ってます。(※)
0秒でココに決定。


※判断理由・・・こんなヒゲを生やしていたから
ダラン






俺「すいません やってますか」
ア人「あ やってますよ(流暢)」




そう言いながら電気のケーブルを柱に打ち付けます。
それをする前に裏表逆ののれんを直したほうがいいと思ったのですが、インドラ橋されそうだったので怖くて言えませんでした。






中に入りました。
椅子に腰をおろした瞬間




おばちゃん「ウワ―――――オ 切っちゃった―ッ」




何を切ったんだかわかりませんがなんだか深そうです。
おばちゃんの身を案じながらも注文する僕。
どうやらごまラーメンがお勧めらしいですよ。


座って『マーダーライセンス牙』を読みます。7巻しかなかったのがポイント高い。テレビではNHKが荒川静香のメダルのニュースを流していました。




おば「ごまラーメンお待ち」




なかなかピリリとしたラーメンです。にんじんの皮をむいてないのがワイルドさを演出していますね。いいじゃないですか。なかなかおいしいと思います。


ところでおばちゃんの手からほとばしるほどシュートされたこれはやっぱり血でしょうか。

迸


一瞬、確かめるために舐めてみようかと思いましたが、後天性免疫不全のアレがナニなので止めました。






そんな感じの実に素晴らしい出会いでした。大満悦です。
近々加茂に越すらしいきっすぃさんに追ってリポートをお願いしたいと思います。是非ルミノール持ってってください。






<備忘録>
清めたのは血ばかりではない
-三島由紀夫『サド侯爵夫人』-

PROFILE

アサヒダ
  • Author:アサヒダ
  • 29さい。男。
      解釈つかまつる。
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。